FC2ブログ

はりまざかマルシェの仲間たち

毎週日曜、東京・文京区の熟成肉の中勢以さんで、美味しい野菜を販売している個性豊かな農家たちのブログです。

見分けるポイント

こんばんは 眞嶋農園です。
日曜日のマルシェには 茹だるような暑さの中たくさんのお客様にお越しいただきまして、誠にありがとうございました。
今の時期、うちのイチオシ野菜はトマトです。
トマトは自分自身が一番好きな野菜であり自身で作るように成るまでは、勉強も兼ね美味しいトマトに出会えば価格もそれ程気にすることなく購入していました。
しかし、美味しいトマトは安くはありません。
元来、ケチな性分ですので ”自分で作れば金を払わず好きなだけ食えるぞ!”という考えでトマトを作るようになりました(^^)
初めは失敗の連続…
やはり雨除けハウスが必要だと感じ、見よう見まねで作った初代のハウスは台風でハウスに結び付けていたトマトごと吹っ飛んだ😱という事もありました。
当時はもう大変落ち込みましたが、今では笑っちゃうダメダメな思い出です。
トマトを販売しているとお客様は 色のより赤いトマトを選ぼうとしている方が大変多い事に気づくことが出来ます。
”トマトが赤くなれば医者が青くなる ”という諺がある位です。赤く熟したトマトは栄養満点、美味いには違い無いのですが、赤いから美味いのか?というと実は全く違います。
何故なら、トマトはどんなに不味いトマトも成長と共に赤くなるので赤いかどうかだけの選別ポイントでは美味いトマトを選べるようには成れないのです。
よくお客様にご説明させていただくときにトマトを人に例えます。
平々凡々と苦労なく育った人間と苦労を乗り越えながら育ってきた人間では、どちらが人としての魅力を持っていますか?と。
当然後者ですよね。
トマトも同様。
美味いトマトは顔つきが違います。
人に例えるならアスリート。
無駄な贅肉の無いキリッと締まったボディのトマトを探しましょう。苦労人ですから怪我を克服した跡などもあるかもしれませんが、それは美味しいトマトに出会う目印と思って見てみると良いかもしれません。
放射状に入る模様もそうです。美味しいトマトの印。
そして簡単なのがヘタの大きさ。
大きいヘタのついたトマトは ほぼ美味いです。
  1. 2016/07/04(月) 22:50:26|
  2. なるほど野菜雑学!!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<苗を育てる | ホーム | 枝豆のアンチョビ炒め>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://831marche.blog.fc2.com/tb.php/972-90dfd6dd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)