FC2ブログ

はりまざかマルシェの仲間たち

毎週日曜、東京・文京区の熟成肉の中勢以さんで、美味しい野菜を販売している個性豊かな農家たちのブログです。

水を一切使わないトマトカレー

タケイファームの武井です。

農家なのであまり野菜を買うことはないのですが、
年に何度かトマトを買うことがあります。

家から車で1時間ほど、「芝山」という町のトマト農家さん、
今年もこの時期にトマトを大量に入手しましたので、
まずはトマトカレー。
水を一切使わないトマトカレーです。

IMG_6076.jpg

作り方はもの凄く簡単。

材料
 トマト(適量 大玉3個~4個、1キロ位)
 にんにく3かけ
 たまねぎ1個
 鶏もも肉1枚(量はお好みで)
 オリーブオイル 適量
 塩、こしょう 適量
 カレー粉 20g
  (お好みで調整してください。カレーのルーは使いません、S&Bの赤い缶を使っています)

① トマトはへたをとり、皮ごとぶつ切りにします。
  にんにくは1かけを3個くらいに切ります。
  たまねぎは幅1cmくらいに切ります。
  鶏肉はお好みの大きさに切ります。

② フライパンにオリーブオイルを熱し、塩、こしょうで下味を付けた鶏肉を焼き色がつくまで炒めます。

③ 鍋でにんにくをオリーブオイルで香りが出るまで炒めます。

④ ③にたまねぎを加え、甘みがでるまで炒めます。

⑤ ④にカレー粉をふりいれて、たまねぎにからめ、トマトを加えて煮込みます。

⑥ トマトが煮えたら、焼色を付けた鶏肉を加え、さらに20分ほど煮込み、塩、コショウで味を整えて完成です。

味に物足りないものがありましたら、バターを適量加えてください。


盛り付けの極意 カレーライスが一番おいしく見える盛りつけ方

ものの本によりますと、「黄金分割の法則」というものがあります。
これは、縦横の比率がほぼ5対3になっているということです。

この法則は、古代ギリシャ時代から数多くの建築物や美術品などにも使われ、いろいろなものの形や比率の近似値がほぼ5対3になっているそうです。

例をあげると「コロッケ」。コロッケの形も縦横5対3が一番おいしく見えるという結果が出ていて、
同じことが「カレー」にもいえ、御飯の上にかけるカレーは御飯の5分の2までかかっている状態が一番おいしく見えるそうです。

他にも、器。
カレーのお皿も5対3の比率が、安定していておいしそうに見え、お店などにあるルーが入っている金属性のソース入れも上から見ると5対3に。

お寿司屋さんで使われている湯のみ茶碗も、真横から真横から見ると「黄金分割の法則」5対3。

せっかくの料理、切った形や盛り付け方にも、おいしく見える5対3を気にしてみてはいかがでしょう。

DSC_4514.jpg

テレビでスマップの中居君が話していたのですが、
完成したカレーにツナを入れるとおいしいとの事。

早速試してみたら、最高でした!









ブログランキング、Facebookページにも参加しています!
クリックして応援よろしくお願いします!




 



最寄りの駅は、東京メトロ丸の内線の茗荷谷駅。
駅から徒歩5分ほどの場所です。

文京区小石川5丁目10番18号




大きな地図で見る


「はりまざかマルシェの贈り物」お求めはオンラインショップからどうぞ!
https://harimazaka.stores.jp/#!/




テーマ:野菜づくり - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/04/01(金) 21:01:27|
  2. COOKING
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<タイトルなし | ホーム | 防草シートのびっくり使用方法>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://831marche.blog.fc2.com/tb.php/878-7645f4d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)