FC2ブログ

はりまざかマルシェの仲間たち

毎週日曜、東京・文京区の熟成肉の中勢以さんで、美味しい野菜を販売している個性豊かな農家たちのブログです。

肥料の撒き方を変えてみた

できなかったことが出来るようになる瞬間がものすごく好きで、とても興奮します。

農業を始めて9月で丸10年となる2019年。またできなった事ができるようになっちゃいました!!
今自分はとても興奮しています(笑)

畑作業では自分が担っている重要な部分は「土づくり」です。

野菜作りの流れとしては、
片づけ→耕運→肥料まき→耕運→マルチ張り→定植→管理→収穫→片づけというサイクル
が様々な野菜で一貫してあります。

畑が増えたことで、「肥料まき」の部分がとても負担になってしまっていました。柴海農園では肥料にもこだわりがあり、
様々な肥料を畑や作物によって使い分けています。

この肥料を今までは ライムソワーという機械や、
軽トラに乗せて手撒布していたのですが、形状が違う何種類もの肥料を畑に
「均一」に撒くのは至難の業でとても時間がかかっていました。

水溶性炭水化物資材である堆肥に関しても軽トラに乗せて畑にスコップで播いていました。
一日で9tの堆肥を撒けるのですが、流石に疲れますし他にもやらなければいけない事は山盛り。

この肥料まきの工程を簡略化しようと、今年は購入したのがマニアスプレッダーとフロントローダーです。
様々な肥料を堆肥とフロントローダーを使い混ぜ合わせてしまって、2,3日発酵を促します。

60464361_2261806490565049_3787987904681213952_n.jpg
その後、マニアスプレッダーに積み込んで畑に撒くのです。

この工程がホントに効率が良すぎてよだれが出てしまうのですが、
今まで肥料まきにかかっていた時間の10分の一くらいの時間で撒布が終わります。

2tの堆肥を撒くのに、20分位です。しかも一回堆肥と混ぜ合わせることによって、
微生物活性が高まること、ミネラルのキレート化が進むこと、
必ず水溶性炭水化物とセットで撒布することによって土壌の地力が高まること等、
メリットが多すぎます!

この肥料まきという工程が進化したことよる栽培への貢献度ははかり知れません。
農業をしていると、何で今まで気づかなかったの?この苦労は何だったんだろう?
という時が稀にあります。

成長できている実感が湧いて意欲が掻き立てられる瞬間を、常に作っていきたいです。
  1. 2019/05/17(金) 22:42:11|
  2. 柴海農園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<心を亡くす | ホーム | 生命力>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://831marche.blog.fc2.com/tb.php/2026-c2e66e84
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)