FC2ブログ

はりまざかマルシェの仲間たち

毎週日曜、東京・文京区の熟成肉の中勢以さんで、美味しい野菜を販売している個性豊かな農家たちのブログです。

除草も色々

こんばんは、眞嶋農園・眞嶋です。

木曜より始まる新宿高島屋ヨガイベントの準備にドギマギしつつ日常業務にも相変わらず追いまくられる日々。
ストレスで痩せちゃうかもしれません( ^ω^ )

今日は長ネギの土寄せ作業を行いました。
ネギの土寄せ作業は畑に苗を植えてから販売するまでに当農園の場合、少なくとも4回、多ければ6回ほど行う作業になります。
ネギは土を株元に寄せてあげることで その環境から上に抜け出そうと軸の白い部分を伸ばすので、白みの長い良いネギを作るには必要不可欠な作業。
ネギは大食漢なので、土を寄せる際は肥料を欠かさづ与えてあげます。
そして、この土寄せ作業は雑草の繁殖を防ぐ意味合いも持っています。

皆さんは除草作業という言葉を聞いて、どのような作業を連想しますか?
大多数の方の頭の中には、鎌を持って草刈りする様子や、軍手をはめた手で1本1本地道に抜いている様子が連想されるのではないでしょうか。
もちろん、広い畑であっても、ご想像通りの手法がメインになりますが、除草剤という農薬を散布して草を枯らしてしまう方法も慣行農法ではメジャーです。

これから1回目の土寄せを行う、植えてから3週間ほどのネギを見てみましょう!


アップしてみると草の存在が分かるでしょ? こいつが厄介な草なんです。放っておくとアッという間に一面緑の絨毯にしてしまう驚異の繁殖力! まだ可愛い内にやっつけます。


ペレット状の肥料を与えて(今回はミネラル豊富な海藻肥料)管理機で土を寄せていくと雑草が埋まっていきますよね、草を土で覆ってしまうことで草の成長をストップさせてしまうのも除草手法の一つなんです。


キレイに草は隠れてくれました。この際、土を寄せすぎるとネギが窒息してしまうので、寄せ加減の塩梅がとっても大事なポイント。


まぁ、正直言いますとね、今回はチョイと寄せすぎ!\(//∇//)\
草への意識が強すぎましたが、まぁOKな範囲。

このネギは11月頃のマルシェに持っていけるかな?
上手に育てていきたいと思います!
  1. 2018/05/15(火) 20:59:22|
  2. 眞嶋農園
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://831marche.blog.fc2.com/tb.php/1656-6f5162ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)