FC2ブログ

はりまざかマルシェの仲間たち

毎週日曜、東京・文京区の熟成肉の中勢以さんで、美味しい野菜を販売している個性豊かな農家たちのブログです。

野菜だって

眞嶋です。こんばんは!

寒い日が続きますね。
冬ですから当たり前って言えば当たり前なんですけど。
就農当時の冬は防寒靴無しでは畑に立っていられなかったのですが、ここ数年は足袋でも余裕でしたので如何に温暖化が進んでいるか身をもって感じていただけに 今年は尚更寒く感じるのだと思います。

人が寒さを感じるように、野菜もやはり寒さを感じていまして、寒さに負けないように野菜も糖分を高めたり…などと
野菜自ら色々と対応しているのですが、対応しきれなくなると、残念ながら死んでしまいます。

野菜も人と一緒。生きています!

野菜と向き合って、さてどう対処するべきかな?と思った時、 私は野菜を人だと思って対応することにしています。

今日も種まきしたのですが、芽を出せるような暖かい環境となる様にビニールトンネルを作ってあげました。
(まぁ、当たり前の作業ですけどね)

そして、芽を出した後に霜などの強い寒さに当たって傷まない様に 今日はトンネル内に不繊布を掛けてあげました。


人に例えたら、生まれたばかりの赤ちゃんが寒い環境で凍えない様に布団を掛けてあげる。という極当たり前な行為。

一つ一つの作業も 人に例えて考えると意味が明確に見えてきて、より作業に対する必要性を感じることが出来ますね。
(この後はアーチパイブを刺して被覆してトンネルを掛けました。)

野菜を人に例えて考えると、農薬だって 決して悪では無いんですよ。
私は少し農薬も使う農家でして、時々 アンチ農薬な方から 何で?なんで?と聞かれることがあるのですが、私は農薬も適材適所で使う分には必要なものだと思っているのです。

アンチな方だって、具合が悪くなれば薬に頼る時があるでしょうし、お子さんが産まれたら予防接種だって受けていると思います。

脱線気味になってきましたが、何を言いたいかっていうと、野菜に対して人と同じに捉える様になってから栽培のポイントが見えてきた気がするなぁ、と思ってるって事でした(^^)

ただ、私は人との付き合い下手なので😬
野菜もそれなり😆
  1. 2018/01/30(火) 22:58:01|
  2. 眞嶋農園
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<怪奇?月食 | ホーム | 筑波大学のうりんむら>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://831marche.blog.fc2.com/tb.php/1551-e4a691f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)