FC2ブログ

はりまざかマルシェの仲間たち

毎週日曜、東京・文京区の熟成肉の中勢以さんで、美味しい野菜を販売している個性豊かな農家たちのブログです。

ウナギ

 七草農園の石橋です。
 
 先日の夕食。静岡県産の天然ウナギです。
 友人からのプレゼントで、天然ウナギを突然食べられることに!

 釣りが趣味の友人。最近はウナギ釣りに凝っているようで、よく釣りに行くみたいです。
とにかく天然物は当たり外れが激しく、おいしい天然物にはめったに出会えないのだそうです。
今回は体験として、「当たり」と「外れ」、両方いただきました。
確かに、当たりの方はふっくらとしたおいしいウナギです。
外れの方は・・・?
薄べったく、板みたいなウナギでした。
それでも、身がしまっていて私は「ほこほこ」のウナギより好きでした。

ウナギ

 かば焼きにしたものを冷凍で送ってくれたので、焼き直してすぐ食べられました。
ウナギはなかなか釣れないらしく、収穫なしの日も多々あるようです。
エサも自分で用意し、中々釣れない中やっと釣ったウナギは水槽で一晩
慣らし、翌日さばいて焼いて蒸してまた焼く。
とても手間がかかるウナギのかば焼き。
やってみると、「確かにウナギは買うと高いですが、これなら買ったほうが
安い」と思うそうです。しかし、できることはなるべく自分でやる、自分で捕まえて
自分でさばくことで命をいただいている実感もあるし、感謝もある。そして、
何より新鮮だし、「自分でやったものだからおいしい(笑)」と言ってました。 

 天然ウナギは乱獲の影響で数が減り、絶滅の恐れもあるのだそうです。
捕まえても、稚魚は放す、取りすぎに注意するなど、節度とマナーを
わきまえないと、日本で天然ウナギは取れなくなってしまいます。
また、野菜ももちろんですが、命に感謝していただくことの真髄は
同じことです。
 儲かったとか損をしたとか、命に値段をつけず、感謝しておいしくいただくこと。
「当たり」と「外れ」と冒頭で書きましたが、同じ命です。
農人としてしみじみ思いながら、うな丼に舌鼓を打った夜でした。

  1. 2017/09/22(金) 20:43:41|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<出逢いは一瞬 出逢えば一生 | ホーム | 自己分析・ケチな男!なんだけど・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://831marche.blog.fc2.com/tb.php/1419-4c4718bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)